Лечение Гепатита С: БЕСПЛАТНАЯ КОНСУЛЬТАЦИЯ, стоимость лечения
Добро пожаловать
Вход / Регистрация

【不都合な最新論文②】2019新型コロナウイルス肺炎の致死率はほぼ1割という真実(中国武漢中高年の)一流医学雑誌Lancetより速報。日本人は身近なひとに危険性を伝えて命を守るための行動をしてください

Воспроизведение вашего видео начнется через 5

Спасибо! Поделитесь с друзьями!

URL

Вам не понравилось видео. Спасибо за то что поделились своим мнением!

Sorry, only registred users can create playlists.
URL


Добавлено by В Вирус HCV
0 Просмотры

Описание

【続報、Lancet論文速報】2019新型コロナウイルスを正しく怖がる。その3。さらに2つの論文を追記しました。


「過剰に怖がることも、正常性バイアスで怖がらないことも、無関心でいることも簡単にできる。でも、正しく怖がることは、よくわかっているひとにしかできない。」

っていうことで、受験生の皆さんのために正しく怖がるためのLancetという一流医療ジャーナルからの続報です。

まず、キーサイトとキーペーパー参照します。

以下の中国の医者向けサイト。全力支援。中国の医者が関わってるので、正しいことが書いてあり、かつ、よくまとめられています。マスクの仕方とか、感染リスク下げる方法とか。Google翻訳で中国のサイトを読むことになるとは思いもよりませんでした。

https://3g.dxy.cn/newh5/view/pneumonia

さて、Lancetからの論文の続報です。

以下を読んでください(受験生以外)。

中国政府当局は旧態依然ですが、現場の医師のハードワークには頭が下がります。

C Huang et al. "Clinical features of patients infected with 2019 novel
coronavirus in Wuhan, China"
DOI:https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)30183-5

N Chen et al. "Epidemiological and clinical characteristics of 99
cases of 2019 novel coronavirus pneumonia in Wuhan, China: a
descriptive study"
DOI: https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)30211-7

n=41とn=99の形式だった原著論文で、全員RNA検査で確定診断してますから信頼できます。

ここまでprospectiveにひとつの新型エマージングウィルスをリアルタイムに追えるっていうのは、人類史上なかなかないことです。
n=41のほうはやはり、ぼくが指摘したとおり、喉が痛くならないという結果でした。

一方、

n=99のほうは、Table: Clinical characteristics with 2019-nCoV pneumonia
を見てください。5人がのどの痛みを訴えています。鼻水は4人。(鼻水からRNAが陽性反応だったかとはなにも書いてない。)

いずれにせよ、鼻腔、咽頭には感染しにくいみたいですね。直接、肺に入る。

2人が下痢になっているのは、口からウィルスを飲み込んで下痢したっていうことなんでしょうか。このコロナウィルスは腸にまで到達しにくいらしい。


まずは、n=99の論文。

Discussionを読むと、この新型コロナウィルスはサイトカインストームをSARS同様に引き起こし、ARDS(肺が炎症反応で水浸しになって呼吸できなくなって危篤っていう状態のこと)になってICU送りになるっていうパタンで死者が出ているようです。

ARDSのガイドライン通りの治療法で対処したと書いてあります。

それで11人(11%)が死亡。全員の死因については書いていない。最初の死亡患者のふたりは既往が特になかったそう。
たまたまこの99人に合併症のある老人が多かったのか。丁香園が出している統計よりも遥かに死亡している。

Limitationで指摘してないけど、この患者群、若者が少なすぎ。中国は若者がすくないのか。n=41の論文と患者背景をマッチングさせたいですね。医療レベルの差はどうなのか。さっぱりわからない。

さて、次にn=41のほうの論文。

こちらの死亡数が6人で15%。こっちもひどい死亡率。死亡した理由は詳細が書いていない。

こちらの論文の著者はしっかり、上気道感染(鼻水、咽頭痛)が少ないことを指摘しています。(ぼくは前回のCommentの時点で先に指摘してます)こっちの作者の方がまともというか、ぼくの指摘をサポートしてくれました。この特徴はコロナウィルスであるSARSやMARSとは大きく違う。
医者でLancetに投稿する勇気があるなら、ちゃんと解釈をしてほしいものです。

ARDSのガイドライン通りにステロイド治療をやってもあんまり効かなかったそう。逆にステロイド投与群のほうが成績が悪いみたいな示唆をしている。

そこで、lopinavirとritonavir(AIDSのHAART療法やHCVの治療薬)の併用療法がいいんじゃないかってことで試しているみたい。おなじみのタミフルも試したりしたそう。

Limitationで下気道のRNAチェックしかしてなくて、上気道のRNAチェックをペアでやりそびれた。また、リスクファクターなどを聴取が不十分。それに、ぜんぜん若者と小児がスタディに入ってこないってことはセレクションバイアスがかかってると書いてくれています。

確かに、最初のコウモリ、ネズミ、ヘビが売られていた市場のひとたちがスタディに主に入ってくるから、パンデミックになるまえなので、小児、若者が少ないのかも。

そろそろ、市場近くの病院のデータではなくて、Human to human感染したひとたちの市中病院のまっさらなデータがほしい。

以上です。

まとめると、
死亡率がぜんぜん報道とは違う。死亡率10%を超えている。
ただ、死亡した理由が書かれておらず、何日目に死亡したとかもわからない。発症からICU送りになるまでは統計をとってるのに。
重篤化するまで、発症からだいたい9日くらいかかっている。
3割がICUに入るレベルで、15%が死亡してる。
この論文を読む限り、ヤバさがSARSレベルで、報道されたものと違うんだけど。これはどう解釈すればいいのか。老人が多すぎた偏った集団だからセレクションバイアスがあると言えるのかもしれない。
医療従事者も結構感染してますが、医療従事者の何人中何人が感染したか書いてません。書けよ!
死亡した原因はいまいち書かれていない。査読されてないから書かななかったのか。
既存の抗ウイルス薬で治ったひともいるらしいという希望的観測。
本当に、この割合でICU送りになる患者がいるなら、当然、今後、ベッド数が足りないので、手厚い治療などできないから、死亡数がもっと増えるはず。
逆に、ICUで管理するという手厚い治療をしないほうが死ななかったという皮肉な結果になるかもしれない。

【追記】
また続報がでたので、加筆します。

Sung-mok Jung et al. “Real time estimation of the risk of death from novel coronavirus (2019-nCoV) infection: Inference using exported cases” medRxiv

doi: http://dx.doi.org/10.1101/2020.01.29.20019547



Joseph T Wu et al. “Nowcasting and forecasting the potential domestic and international spread of the 2019-nCoV outbreak originating in Wuhan, China: a modelling study” Lancet

doi: https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)30260-9

今度は疫学の論文です。

難しい計算をすると、上記ランセットの報告と中国が出した今までの情報だけで、やはり致死率は1割より少し低いくらいということがわかりました。

さらに今後は手厚い治療ができなくなってくるので、この数字よりもさらに上る可能性が高いです。

しかも、全員がPCRで確定診断できなくなってくるので、中国当局の数字が信頼できなくなってきます。

死亡者数は嘘をつけないとは思います。


たぶん、これから、4から7万人が最終的に感染しますので、5千人くらいの方が亡くなってしまいます。
統計的に。



YouTubeにはないお得な最新学習教育情報も!Wikihikagle公式ブログ無料配信!電子書籍の内容は無料で読めます! お気に入り登録はこちら→ http://ndthikaru.blog74.fc2.com/
この動画作者が執筆したおすすめ電子書籍も発売中です!一度買ったら永久アップデート!Kindle Unlimitedで初回登録すれば全部無料で読めます!読み終わったら30日以内に退会を忘れずに! 詳細はこちら→https://amzn.to/308rIza
このリンク(おすすめ3倍速ボイスレコーダー)を押したであれば、何をアマゾンで買い物しても、無料で作者を支援いただけます! 支援はこちら→https://amzn.to/2QK3dW5
----------おすすめ書籍-------------
【NEW】英語版(キンドル出版) ▶https://amzn.to/37UVXfF
▶ 黒澤孟司 オフィシャルHP:http://ndthikaru.blog74.fc2.com/
制作:Wikihikagle株式会社

Написать комментарий

Комментарии

Комментариев нет.
RSS